素朴さと色使いが魅力の織物 Gabbeh

Gabbeh ギャッベとは


Gabbeh イメージ画像

ギャッベとは、イラン語で「荒い」を意味する言葉で、もともとはイランの南西部ザクロス山脈を遊牧していたカシュガイ族・ロリ族たちが、ベッドとして使っていた毛足の長さ5cmにもなる厚みのある絨毯のことです。1970年頃にヨーロッパで紹介され、その素朴な表現、愛らしいモチーフ、草木染の色の美しさが注目され、コレクターをはじめ、世界で人気を博しました。2010年には「イラン・ファールス州での織カーペットの伝統的な技術」として、ギャッベはユネスコ世界無形文化遺産に認定されています。

Design ギャッベの文様


家族の幸せを願う気持ちと
大自然への感謝が込められています。

モチーフや鮮やかな色に込められた想いや願いは、
ギャッベの最大の魅力の1つです。

ギャッベの文様 イメージ画像01

人は、子孫繁栄、豊穣。

たくさん子どもが生まれますようにという願いが込められています。

ギャッベの文様 イメージ画像01

羊やヤギは、遊牧民にとって財産。
お金に不自由しない生活が続くようにという願いが込められています。

ギャッベの文様 イメージ画像03

木の下は、聖地や楽園を意味し、動物たちは清められ祝福されることを意味します。樹モチーフは「生命の樹」と呼ばれて、大変人気です。

インテリアと合わせてコーディネートすれば
お部屋がぐっと華やかに

足元を彩る愛らしいモチーフ。素朴な表現、色鮮やかな草木染めが魅力。 イメージ画像 鮮やかな色合い、独特の風合いでお部屋の雰囲気変えにもおすすめです